Paidyとは

Paidy(ペイディ)とは、商品の申込を行った翌月1日~10日の間にお支払いいただく後払い決済です。
月に何件取引を完了しても、お支払いは翌月にまとめて1回です。
※未成年のお客様のご利用には保護者の同意が必要です。

ご利用方法

メールアドレスと携帯電話番号を入力後、SMSで送られてくる認証コードを入力して注文が完了します。

お支払い方法

以下の方法でお支払いいただけます。

・口座振替(支払手数料:無料) 
・コンビニ(支払手数料:356円税込)
・銀行振込(支払手数料:金融機関により異なります)

重要
  • 分割払いは利用できません
  • 口座振替でのお支払はMY Paidyよりお申し込みください。

お支払いスケジュール

請求額は翌月1日に確定し、1~3日の間にPaidyよりメールとSMSでお知らせします。
MY Paidy(PaidyのMYページ)からもご確認いただけます。

キャンセルの際の返金方法

Paidyへ代金を支払う前と支払った後でご返金方法が異なります。

《Paidyへの支払い前の場合》

Paidy請求金額からご返金分が減額されます。

全額返金の場合
翌月の請求額は0円となります。
例)1月に10,000円の取引を行なったが、取引がキャンセルとなり、全額返金となった場合
→2月請求額は0円(10,000円−10,000円)となります。

一部金額返金の場合
翌月の請求額にてキャンセル料が請求されます。
例)1月に10,000円の取引を行なったが、取引がキャンセルとなり取消料として3,000円が生じため、7,000円の返金となった場合
→2月請求額は3,000円(10,000円−7,000円)となります。

《Paidyへの支払い後の場合》

翌月以降のPaidy請求額とご返金金額が相殺されます。

翌月の請求額がご返金金額と同額の場合
翌月の請求額は0円となります。
例)1月請求額10,000円、2月請求額10,000円で1月請求分の10,000円の取引がキャンセルとなった場合
→2月請求額は0円(10,000円−10,000円)となります。

翌月の請求額がご返金金額を上回る場合
翌月の請求額とご返金金額の差額が請求されます。
例)1月請求額10,000円、2月請求額30,000円で1月請求分の10,000円の取引がキャンセルとなった場合
→2月請求額が20,000円(30,000円−10,000円)となります。

翌月の請求額がご返金金額を下回る場合
翌月の請求金額とご返金金額を相殺し、余剰となったご返金金額は翌々月以降に繰り越されます。
例)1月請求額30,000円、2月請求額10,000円で1月請求分の30,000円の取引がキャンセルとなった場合
→2月請求額は0円(10,000円−30,000円)となり、20,000円は翌々月以降のご請求金額と相殺されます。

Paidyでは、即返金のご要望があれば、銀行口座情報をお伺いして直接返金での対応も行っています。ご希望の方はPaidyカスタマーサポートまでご連絡ください。

その他のお問い合わせ

Paidyから届いた請求内容やお支払い方法、MY Paidyについてのご質問はこちらをご覧ください。
(※株式会社Paidyのサイトが開きます)

Was this post helpful?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。