ガイドサービスの提供について

ガイドサービスの提供に必要なライセンス

提供するサービスの内容によって、『旅行業』の取得が必要となります。

■旅行業の取得を要する主な業務

  • 海陸空運事業者(船・バス・飛行機)のチケットの売買代行
  • 入出国及びビザ取得手続の代行
  • 観光旅行客を招待し、旅行、食事・宿泊及び交通手段の手配
  • 旅行スケジュールの作成、ツアーガイドまたは添乗員の手配
  • 旅行に関するアドバイスの提供

旅行業の取得が不要となる主な業務

  • 現地ガイド解説サービス
    (例えば、博物館など特定の場所で現地集合の上で、当該施設等に関連するガイド解説を行うこと)

旅行業(外国人に対する業務で必要な甲種旅行業)の取得に必要な主な要件

  • 台湾の交通部観光局より営業許可の取得する
  • 認可取得にあたっては会社を設立する(個人事業主は不可)
  • 資本金が600万台湾ドル以上あること
  • 資本金の1/1000にあたる登録費用の払い込むことを
  • 150万台湾ドルの保証金を納めること
  • 台湾の交通部観光局が定める有資格者1名以上の配置
  • 外国人に対する業務を行う場合は、外国語ツアーガイド資格を有する者を手配すること
    ※実際の取得にあたっては、台湾の交通部観光局までお問合せください

自動車での送迎について

台湾における有償での運転サービス提供に関する認可の種類

  • タクシー旅客輸送サービス業
  • 多元化タクシー業(=ライドシェアサービスの運営者) 
  • 運転代行サービス兼営の小型乗用車レンタカー業(=ライドシェアサービスのドライバーを含む)

    ガイド等に付随した有償での運転サービス提供は、上記のうち『運転代行サービス兼営の小型乗用車レンタカー業』に該当します。なお、実費のみの支払を受ける方式を採用しても、全体としてみると、運転サービスはガイドサービスに付随すると捉えられ、同様の認可を必要とすると考えられます。

[su_label type=”warning”]注意[/su_label]

調査実施時期:2019年11月
※本稿は、「調査実施時期」における当社調べの情報を掲載しており、最新の法令ではない場合があります。最新の法令やその運用状況は、現地の公的機関又は専門家へご確認ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。